2005年12月15日

記事の賞味期限

 管理人もサイトを作り始めてから約1年半が経過しています(公開してからは1年くらいですけどね)。インターネット業界は変化が激しく、1年半も前の記事だとどうしても今の状況にそぐわない内容になってしまいます。読み返しても、あまり役に立ちません。こうした古い記事は外していくべきでしょうか。

 例えば、管理人が初めて書いたインターネット接続方法の比較記事には、その当時の最新情報を掲載していました。通信速度やプロバイダごとの費用比較など気合のこもった記事になっています。しかし、現在見ると費用は変わるは、通信速度もかわるは、予想以上に変化しています。特に、この記事を書いたときにはFTTHなど高価なものでしたが、今やFTTHがブロードバンドの主流になりつつあります。記事に書いた結論さえ、覆されています。

 だけど、かなり一所懸命書いた記事です。最初の頃に書いたこともあって、思い入れもたくさんあります。削除してしまうのは、どうにもしのびないのです。言ってみれば、管理人の蓄えた財産の一部なのですから。しかし、無駄な記事は訪問者を混乱させ、信頼を失いかねません。消すべきか消さざるべきか、義理と人情の板ばさみというやつですな。

 その点、ブログはいいですね。記事がちゃんと時系列に並んでいるし、投稿年月日どころか時分秒まで表示されるのですから。これなら、古い記事だとひと目でわかります。管理人のサイトでも、一応、特集記事の目次には記事の作成年月日が表示してありますが、それも見る人がいるかどうか。とてもブログのようにはいきません。

 古い記事のことは、アフィリエイトプログラムの紹介記事にもいえるのです。1年も経過する間、どのサイトもリニューアルやサービスを繰り返し、どんどん変わっていきます。毎月キャンペーン情報の見直しで特定のサイトを見るのですが、全く変わってしまっているサイトも数多くあります。紹介記事を書きなおす必要ありです。でも、200以上も記事があるから大変なんですね、これが。

 だけど、変わらないであろう無難な記事ばかり書いていては、新鮮味がないつまらない記事になってしまいます。だから、書いてきた紹介記事の内容自体は間違いではなかったと思います。でも、内容が古くなっているのも事実。やはり、定期的にメンテナンスしないと情報サイトはやっていけないんでしょうね。

 とにかく、管理人のサイトも記事を大幅にリニューアルすべき時期が来たのかもしれません。新しいアフィリエイトプログラムを紹介するばかりでなく、古くなった記事を書き直す地味な作業も必要です。場合によっては削除も。記事にも賞味期限のようなものがあるのでしょう。賞味期限の切れた商品など誰も購入してくれませんから、古い記事も同様に考えねばなりません。面倒でもやるべきでしょうね。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 08:33| Comment(3) | TrackBack(0) | ホームページ作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ご無沙汰しております…noriです…。
 僕は、前回書き込んでから今まで何もしてませんでした…。まさに、KING OF ダメ人間です…。
 サイト完成はかなり先に伸びそうです…。

 管理人さんのサイトのリニューアルに関しては、何とも言えないです…。しかし、生き物は常に変化するものであるように、サイトも常に変化するものでなければ、リピーターは生まれないでしょうね…。

 しかし、ヤフーの記事読みましたか???
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/computer/affiliate/
かなり厳しいことが書かれてますよね…。ま、僕の課題は儲けるよりサイトを完成させることなのですが(汗)。
Posted by nori at 2005年12月16日 06:01
おひさしぶりです、noriさん。

コメントありがとうございます。

サイトは焦って作っても失敗しますから、ゆっくり時間をかけて行ってください。noriさんほどの知識があれば、きっと良いサイトができますよ。

Yahooの記事は、真実でしょう。わたしも何とか収入になり始めたのは1年近く経過してからです。しかも、最低レベルで。それでも、長いこと続ければ、何とかなるものです。伸び悩みは、頭の痛いところですけどね。

まあ、今年も終わりですから、お互い来年頑張りましょう。
Posted by 管理人kenji at 2005年12月16日 07:58
 温かいお言葉ありがとうございます。

 今後は地道にサイト制作に励んでいこうと思います…。
Posted by nori at 2005年12月16日 20:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10681562

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。