2006年01月13日

初心者に優しくないパソコン

 ある日のこと、管理人のパソコンとは別に新しく設置した家族用パソコンの調子がおかしくなりました。一応、家庭内パソコン責任者である管理人は、パソコンを修理するハメになりました。とはいうものの、管理人だって最新パソコンの動向には詳しいはずもなく、おっかなビックリ触ってみたのでした。

 新型パソコンはDVDを挿入すると自動再生する仕組みになっているのですが、DVDが入っていないにもかかわらず、DVD再生ソフトを立ち上げただけで勝手に映画が再生されてしまう模様。話を聞いてみると、どうやら、録画したDVDをハードディスクに落とす際に操作を間違ったようなのです。

 パソコン内のファイルを調べてみてビックリです。至るところにしっちゃかめっちゃかDVDに記録されていたファイルがコピーされていたのです。それも、いくつもいくつも同じファイルがです。原因は、「フォルダ」の意味がわからず、とにかくコピーできるまで何度も操作を繰り返したことだったのです。

 原因がわかったので、不必要なファイルをとにかく消していき、正常な状態に戻しました。その後、正しいDVDのコピーの仕方を説明してようやく解決です。本当に直ってよかったです。直らなければ初期設定からやり直しとなり、大変なことになるところでした。まあ、これだけ直すのにも半日を費やしましたけどね。

 パソコン初心者にとって、「フォルダ」の意味がわからないのも当然かもしれません。パソコンのマニュアルやソフトというのは、当たり前のごとく専門用語が使われまくっていますが、パソコン初心者には理解できないことも多いのです。ましてや知らずにパソコンを使えば、トラブルが起こるのも仕方ありません。そして、トラブルになれば初心者では対処しようがありません。

 簡単携帯電話が発売されたように、もっと初心者に優しい簡単パソコンが発売されるべきではないでしょうか。専門用語を使わず、画面の順序どおりに操作すればOKのパソコン、そんなパソコンが望ましいです。昔に比べれば格段に進歩したパソコンではありますが、まだまだ初心者にはハードルが高いような気がします。覚えることが多すぎるのですね。

 うまく修正できて安心したのもつかの間、次の日には「マウスが動かなくなった」と呼び出され、再びトラブル発生です。マウスが動かなくては電源さえ切ることが出来ず、大わらわです。ただのワイヤレスマウスの電池切れだったのですけどね。とにかく、パソコンも万人向けというには未だ発展途上だと感じたある日の出来事でした。トラブルの起こらないパソコンを開発してくださいよ、メーカー各社さん。そりゃあ無理な注文かな。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11644404

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。