2006年03月03日

仏作って魂入れず

 あまり聞きなれないことわざですが、仏作って魂入れずということわざがあります。見た目はでき上がっていても重要な部分が足りない、物事をやり遂げても肝心な部分が抜けているたとえだそうです。このことわざは、アフィリエイトにとっても、大切なことを教えてくれていると思います。

 サイトを作成するにあたって、見た目を軽視しろとはいいません。第一印象が大事だということも一理ありますから。しかし、見た目ばかりを重視しても、やっぱりダメなんですね。肝心の内容が伴っていなければ、結局たくさんの人は集まってくれません。人気サイトとは成り得ないのです。

 アフィリエイトを始めたばかりの頃は、とにかくサイトさえ完成してしまえば後は放っておいても収入があると勘違いしがちです。でも、決してそんなことはないのです。適当にバナー広告を貼って簡単な紹介文をつける、それだけでは物事をやり遂げたことにはならないのです。重要な部分、すなわち魂がこもっていないからです。

 人気のサイトを見てください。やはり無数にあるサイトとは一味違うと感じるでしょう。記事の量の多さもさることながら、紹介文の内容がとても充実しています。訪問者の本当に欲しい情報を提供し、かつサイト運営者の体験談や便利なテクニックなどをわかりやすく紹介してあります。ただの企業サイトの売り文句をそのまま丸写ししただけとは、わけが違います。

 もっとわかりやすいのは、ブログです。人気のブログは本当に読みやすいし、面白いです。それはなぜか、ブログ運営者の人柄が表れているからです。表面上の言葉でごまかすのではなく、人の内面からにじみ出るような文章が人気を呼ぶのです。これが、魂のこもっているということだと思います。小手先のアクセスアップ対策だけでは、長い間人気を保つことはできないでしょうから。

 そんな偉そうなことを書いている管理人のサイトもブログも、人気があるとはとてもいえません。自分でも思いますからね、感情がうまく伝えられていない、すなわち魂がこもっていないと。こればっかりは勉強すれば良いというものではありません。サイト作成に対する姿勢を根本的に変えていかなくてはならないでしょう。非常に難しいことですけどね。

 管理人が人間的に未熟だと言われると、そうなのかもしれません。アフィリエイトに対して熱意が足りないと言われると、そうなのかもしれません。重要な部分、肝心な部分が足りないのは事実なのですから。仏作って魂入れず、管理人にとってあるいは多くの人達にとっては切実なことわざです。サイトには人としての成長も不可欠ということですかね、う〜ん、深いテーマです。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームページ作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14071488

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。