2006年03月24日

痴人夢を説く

 この日記でも何度も書いていますが、管理人の夢はアフィリエイトを仕事として、アフィリエイトの収入だけで生活することです。誰の力に頼ることなく、自分の力だけで未来を切り開いていくことです。そこには嫌な人間関係もなく、決められた時間を拘束されることもなく、突然見知らぬ場所へ転勤させられることもない、管理人にとって理想の仕事です。

 好きなことをしてそれが収入につながり、他の人たちにも貢献できる、アフィリエイトはそんな夢が実現できる仕事だと思っています。パソコン好きの管理人にはたまらない魅力です。そんな楽しい生き方が他にありますか。ひとつだけ欲をいえば、会社勤務と同等以上の収入を得たいですが、暮らしが成り立つだけの収入でも十分です。でも、アフィリエイトなら頑張り次第で月収100万円以上もあり得るのですから夢は拡がります。

 痴人夢を説くということわざがあります。言うことにまとまりがなく、要領を得ないこと、愚かな人が自分の見た夢の話をすることを言います。う〜ん、なんてことを言うことわざなんでしょう。管理人の心にグサリと突き刺さるようなことわざです。今の管理人が、まさにこの通りだから。

 確かに、今の管理人は自分の夢を語る愚か者に過ぎません。他人から見れば、「またバカなことを書いてるな」と失笑を買うかもしれません。実際問題、未だ稼げてないのは事実ですし、実現できるかどうかもわかったものではないのですからね。具体的な方法もはっきり言えばまだ闇の中です。

 ですけれど、夢を見ること自体は決して悪いことではないと思います。夢を見なければそれを実現することは絶対ないわけですし、実現しようとも考えないでしょう。そんな寂しい人生はありません。特に仕事に挫折した経験を持つ管理人にとっては、仕事に夢を求めることがとても大切なことのように感じてなりません。

 ただし、夢ばかりを語り、実現に向けた努力をしなければ本当に愚か者です。精一杯頑張っている者こそ、夢を語る資格があるのです。だから、今何かと理由をつけて立ち止まってしまっている管理人は愚か者に他なりません。ただの妄想オヤジです。これではダメなんです。夢を実現できるかどうかは本人次第なのですから、とにかく前進し続けなくてはいけないのです。

 他人にどう思われようとも、自分が見た夢の実現に向かって努力することは決してバカな行為ではないと思います。今はまだ、痴人夢を説くといわれても仕方ありませんけど、いつかそうではなかったことを証明したいものです。だから、頑張りましょう。努力しましょう。夢はかなうものだと信じてね。長い人生、まだまだ諦めるわけにはいきませんから。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。