2006年03月29日

生兵法は大怪我のもと

 管理人のサイトは、SEO対策をあまりしていません。ホームページのほうは多少、ブログに至っては、何もしていません。理由はSEO対策の方法がよくわからないからなのです。まあ、それでもホームページのほうは、結構良い順位に表示されているので満足しています。今後どうなるかは定かではありませんけどね。

 昔から、生兵法は大怪我のもとといわれています。未熟な兵法や武術の心得は、身を守るどころか、かえって大怪我のもとになるということから、少し知識をかじって生半可な自身のある者は、かえって大失敗をするというたとえです。SEO対策も奥が深い知識で、変に知ったかぶりして対策をすると逆に痛い目にあいかねません。

 例えば、流行のキーワードを使ったサイトは上位表示されやすいといわれています。だから、それを知っている人達は、文章に関係なく、ありとあらゆるキーワードを羅列してサイトを作ったりすることがあります。だけど、それでアクセスが増えたからといって何になるというのでしょうか。訪問者はひと目見て、呆れて去っていくでしょう。それでは本末転倒です。

 少し前には、サイトのHTMLで強調したいキーワードに<strong>タグを使用すると良いとか、<H1>タグで記述すると良いとか言われていました。現在、これを多用したサイトはペナルティを受けるともいわれるようになりました。真実はわかりませんが、苦労の割にはあまり効果的ではないのかもしれません。

 相互リンクは、多いほうが良いと思っている人も多いでしょう。ですが、サイトの内容と関係のない別のサイトと多く相互リンクしているとスパムとみなされ、表示順位を大きく落とすともいわれています。だから、がむしゃらに相互リンクを増やすだけでは逆効果の場合もありえるので、注意が必要です。

 サイトの1ページ内の発リンク数は、内部・外部リンクを含めて100以下が良いとされています。でも、相互リンクは多いほど良いというなら、100リンクなどあっという間で、矛盾してしまいます。それに、100リンク以下が好ましいからといって、サイトの使い勝手を犠牲にしていては訪問者に優しいサイトとはいえません。やっぱり、無駄なアクセスが増えるだけで終わります。

 SEO対策をすることが無駄な努力だとは言いません。検索エンジンで上位表示されることは、とても価値のあることですから。しかし、中途半端なSEO対策は危険です。やるなら、最新の検索エンジンの動向まできちんと調査して、徹底的にやりましょう。失敗すると、大変なことになりますよ。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 08:15| Comment(1) | TrackBack(0) | アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タニーです。こんばんわ!
現時点で最強のSEO(検索エンジン上位表示)対策が、
ついに公開されたようですね☆
よかったら読んでみてくださいね^^


あと、よろしければ相互リンクをお願いします(^^)
よかったらリンク先を、
¥利益還元ドットコム
http://riekikangen.blog34.fc2.com/
で貼ってもらって連絡をコメントでいただけると嬉しいです。
すぐにこちらからもリンクを貼らせて頂きますので〜(^^)/


Posted by TANNIY at 2006年03月29日 21:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。