2004年08月28日

3日連続!ウイルスが侵入を試みる!

 2週間くらい前になりますか、契約しているプロバイダのウイルス対策ソフトがバージョンアップしました。今度のものは、かなりセキュリティ機能が強化され、パソコンをやっている間、3時間に一回ずつパソコン内でウイルスが動いていないかチェックしてくれます。もちろん、ファイアウォール機能も強化され、ウイルスの侵入を四六時中監視してくれます。これで安心と思っていました。
 ところが、3日前のある日、セキュリティ機能が突然働き、「○○のファイルが共有フォルダに書き込みをしようとしています、許可しますか」というメッセージが出たんです。何のことかとポカンと見ていたら、なぜか勝手に許可されてしまい、共有フォルダにファイルを書き込まれてしまいました。もしやと思い、パソコンのウイルスチェックをしてみるとウイルスに感染していました。早めに気づいたので、被害はありませんでしたが、危ないところでした。

 もうそんなことはないだろうと思っていたのですが、2日前そして昨日と立て続けに、共有フォルダに書き込みをしようとするウイルスがありました。今度は、気をつけていたので書き込みを遮断してセーフでした。だいたい、共有フォルダというのは許可された人にしか書き込みができないはずで、管理人は誰にも許可していないから書き込みしてくるはずがないのです。

 しかし、こう毎日だとさすがに気をつけなくてはなりません。パソコンを離れるときには、インターネットを遮断するようにしました。こうしないとおちおちトイレにも行けません。困ったものです。

 最近はまたウイルスメールも届くようになったし、いろんな手段でウイルスが侵入しようとします。厄介なことです。よっぽど気をつけないとウイルスに感染しそうです。ウイルスなんてなくなってしまえばいいのに、インターネットにはつきものですからどうしようもないですね。注意するしかないですね。気をつけましょう。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウイルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1638868

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。