2006年04月12日

怒りは敵と思え

 普段は小動物のように温厚な管理人ですが、たまには怒りを覚えることだってあります。まだまだ人間的に未熟ですね。でも、怒っても、自分がイライラするだけで、あまり良いことはないんですよね。よく言いますよね、勝負事は熱くなったら負けだと。それと同じことだと思います。

 確かに、怒りをエネルギーにして行動を起こすことはあります。管理人も、毎日怒りだけで仕事をしていた頃がありました。しかし、怒りのパワーって長続きしないんですよね。人間、そんなに長い間ひとつのことで怒り続けることはできないんです。怒りのパワーがなくなったとき、残るのは後悔と脱力感だけではないでしょうか。そして、スランプになったりするものです。

 怒りは敵と思えということわざがあります。腹を立てることは、必ず他人の怒りや恨みを受けることになるから、自分を滅ぼす敵と思って怒りを鎮めよという意味です。そうでしょうね。怒りなんてしょせんは自分だけの気持ちであって、周りの人間にしてみればはた迷惑な話に過ぎませんからね。

 アフィリエイトでも同じことがいえます。ブログにおいて、怒りの感情をそのまま記事にすることは決して良い結果となるとは限りません。いくらサイト運営者の感情を込めたブログが良いからといって、怒りを込めるのはいただけません。だって、怒りは負の感情ですから、読者に不快感を与えることになりかねないのです。

 それに、読者のみんながみんな、その怒りに同調してくれるとは限らないのです。ブログという、何百、何千という人達が読む媒体では、読者の感情も千差万別です。怒りをもとに下手な記事を書けば、意見の異なる読者から攻撃を受けることだって考えられます。今まで読み続けてくださっていた読者が、意見の違いから、離れていくことだって考えられるのです。

 人間ですから、怒りを覚えることだってあるでしょう。ですけど、そのたびに怒りをあらわにして周りに当り散らしていては、反感を買います。それに、怒りの心情のときは冷静な判断ができなくなっていますから、つい口がすべることも多いです。その一言が、取り返しのつかない失敗に結びつかないとも限りませんよ。管理人も何度失敗したことか。

 感情が全く表れないのも人間味に薄れますが、感情を特に怒りを表に出しすぎるのも逆に敬遠されるでしょう。だって、誰だって怒っている人にはなるべく近づきたくないのが心情ですものね。あくまで冷静に、客観的に自分を見れるようにしておいたほうが良いと思います。敵を増やしたくなければね。怒りは敵と思えですよ。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 08:05| Comment(2) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。ランキングから参りました、りおんと申します。

タイトルと記事に惹かれて読みました!

すごく丁寧な記事に感心しました

怒りは敵ですね!

応援クリックしていきますね☆
Posted by 目指せ!ゴージャスライフOLりおんのネットな日々りおん at 2006年04月12日 13:46
こんにちは。

コメントありがとうございます。

こんなブログを褒めていただけて、とても嬉しいです。

怒りは敵です。のほほんといきましょう。
Posted by 管理人kenji at 2006年04月13日 07:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16452623

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。