2005年01月17日

本当に怖い迷惑メール→架空請求

 最近は迷惑メールが増える一方で、ついに本日届いた13通がすべて迷惑メールのみという快挙を成し遂げました。呆れますね。やっぱり、利用する人がいるから減らないんでしょうね。近頃はHTMLメールでやりたい放題です。この迷惑メールについて、怖い話を耳にしました。1度でもメール内のURLをクリックすると、架空請求が届くというのです。
 架空請求の中には、プロバイダ名やIPアドレスなどが書き込まれていて、あたかも個人情報をつかんでいるような内容だそうです。これで、自宅にまで取り立てに来られると思い込み、払い込んでしまう人もいるのでしょう。最近はアクセス解析などが進んでいるから、サイトにアクセスすれば、IPアドレスはおろか本当に詳細な情報まで読み取られてしまいます。ただし、プロバイダ側は裁判所の礼状などの公的な情報開示請求がない限り、名前や住所、メールアドレスなどの個人情報は開示しないそうですから、安心して対応してください。

 こうなると、下手に迷惑メール受信拒否の連絡をしようものなら、悪徳業者に格好の情報(メールアドレス、差出人氏名など)を与えてしまうことになりかねません。迷惑メールに対する対抗手段は、もはや強力なセキュリティシステムを導入するしかありません。最新のセキュリティなら、迷惑メールの傾向を自動で学習して、似たような内容の迷惑メールをシャットアウトしてくれます。でも、相手もあの手この手でセキュリティを逃れる手を打ってくるから、いたちごっこになりそうです。それに、何で迷惑メールのためにお金をかけなくちゃいけないんですか、もったいない。

 架空請求メールが届いても、とにかく無視することだと対策には書かれていました。しかし、管理人も何度も受け取ったことがありますが、架空請求メールというのは、とても嫌な気分にさせてくれます。ないとはわかっていても、取立てにきたらどうしようという気持ちが働いてしまうのですね。架空請求詐欺に引っかかる人の被害総額が億の単位を超えるのもわかります。

 ただでさえ不愉快な迷惑メールに架空請求までセットになると、迷惑度倍増です。本当に嫌な世の中です。くれぐれも架空請求詐欺に引っかからないように注意してくださいね。どうしても気になる人は「ネットショッピング紛争相談室(電子商取引推進協議会)」や「NCAC:全国の消費生活センター」などのサイトで情報を集めたり、相談したりしましょう。面倒な話ですけどね。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷惑メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1651261

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。