2006年04月17日

いつも柳の下にどじょうはいない

 時々、アフィリエイトの一商品で大儲けしたという話を耳にします。例えば、だいぶ以前ですが、ヌーブラを紹介していたアフィリエイトサイトがかなりの収入になったと聞いたことがあります。あるんですよね、アフィリエイトでもそういうおいしい話が。実にうらやましいことで、是非あやかりたいものです。

 でも、その商品が話題になって、大手ショッピングサイトでも販売されるようになったら、もうお終いです。個人サイトがいくら頑張ったところで大手企業サイトにはかなうわけがありません。苦労して紹介ページを作ったところで、徒労に終わるでしょう。つまり、おいしいのは最初に売れる商品を独自で見つけた人だけということです。

 いつも柳の下にどじょうはいないということわざがあります。一度柳の下にどじょうがいたからといっていつもいるわけではない、そのことで一度味を占めたからといって、同じことをしてもいつもうまいめにあうとは限らないということです。まったくその通りですね。これに気がつかないと、骨折り損のくたびれ儲けとなりかねません。

 柳の下に一匹どじょうが見つかると、たくさんの人達がそれに群がるのは世の常です。でも二匹目のどじょうがいるとは限らないし、いない可能性のほうが高いでしょう。それなのに、たくさんの人達が探そうとすれば、二匹目のどじょうが寄ってくるはずもなく、柳の下の良い環境まで破壊されてしまい、二度とどじょうがいなくなるかもしれません。

 だから、二匹目のどじょうを探すより、一匹目のどじょうを見つけることのほうが大事です。では、どうしたら良いのでしょう。それには、流行に敏感で、常に情報を収集し、売れると思われる商品をかぎつける嗅覚が必要です。もっとも重要なのは、誰よりも早く売れる商品を見つけることなのですから。

 とはいっても、すでに大手ショッピングサイトで話題となっている商品では大儲けには至りません。あくまで、まだ誰も紹介していないけど、売れそうな商品を見つけなくてはなりません。本当に売れるかどうかは、一種の賭けになりますけどね。まあ、一攫千金狙いなんて当たらない割合のほうが高いからいたしかたありません。

 だけど、ある分野の専門サイトを運営して、自分で気に入った商品を紹介していけば、そのうち大当たりするかもしれません。自分の好きな分野の商品なら、他の人が欲しがる商品も予想がつきやすいと思いますからね。なんにせよ、柳の下のどじょうを見つけるには、積極的に活動したほうが良いでしょう。とにかく探さなければ、どじょうのいるところは発見できないのですから。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。