2006年04月28日

移れば変わる世の習い

 技術の進歩というものは、すごいものですね。わずか数十年で想像もつかないほど、新しい技術が生まれてきました。今、アフィリエイトを仕事にできるのも、パソコンと通信環境の技術進歩があってこそです。移れば変わる世の習いということわざがありますが、本当にその通りですね。移り変わりの激しいのが世の常です。

 今から25年位前、管理人が中学生の頃、初めてパソコンというものに出会いました。当時のパソコンといえば、モニターはモノクロ、記録装置はカセットテープといった、今から考えればお粗末なものでしたが、管理人にとっては衝撃的でした。なんせ電卓しかなかった時代、プログラムを組めば何でもできるパソコンは、まさに夢の宝箱でした。

 20年位前には、パソコンも少しは進歩し、モニターは8色、記録装置は5インチフロッピーディスクになりました。当時は、ファミリーコンピュータが登場した頃でしたが、それに比べればパソコンのゲームはかなり進んでいました。今でも、RPGやシュミレーションゲームに夢中になった記憶が鮮明に残っています。

 15年くらい前には、パソコンも8ビットの時代から16ビットの時代へと変わります。昔から16ビットのパソコンはありましたが、とても高価だったので手が出なかったのですが、この頃には安くなりました。記憶装置は、5インチから3.5インチフロッピーディスクに変わり、さらに1MBや2MBのRAMなんて便利な記憶装置も出現しました。大学の研究にフル活用したものです。

 そして、12〜13年ほど前、windowsの登場は画期的でした。これまでのパソコンといえば、NECならNEC専用のソフト、富士通なら富士通専用のソフトといったように、メーカー毎にソフトが違ったのが常識だったのです。それがwindowsになって、どのメーカーのパソコンでも共通のソフトが使えるようになったのですから、便利になりました。難しいMS−DOSの知識も要らなくなったし、windowsの操作性は抜群でしたね。ハードディスクが出回ったのもこの頃からかな。

 ついに、10年ちょっと前、インターネットの登場です。これまで、マニアしか使わなかったパソコン通信が、インターネットでガラリと環境が変わります。といっても、当時はインターネットにつないでる間中、電話代がかかったので長時間使用できませんでしたけどね。それが今や、ブロードバンドの普及とパソコンのハードディスク大容量化により使い放題、パソコンも一家に一台の時代です。

 パソコンが登場した頃には、アフィリエイトなんていう仕事ができるとは夢にも思いませんでした。しかし、現実には立派な仕事として成り立つようになったのです。長年、パソコンにかかわってきた甲斐があったというものです。今後、さらに技術進歩が進むでしょうからアフィリエイトのやり方も変わっていくでしょうけど、時代に合わせて活動できるように常にパソコンと最前線で向き合っていきたいですね。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17138586

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。