2006年05月12日

己の欲せざる所は人に施すこと勿れ

 人気の掲示板などを見ていると、時折心無い書き込みが見受けられます。あれって、どんな人がどんな心境で書き込んでいるのでしょうかね。みんながわいわい楽しく談話しているところに雰囲気を悪くするような書き込みをする、そんなことをして嬉しいのでしょうかね。理解に苦しみます。

 こういう人達は、悪口を書き込まれた人の気持ちを考えたことがあるのでしょうか。結構、心に傷が残るものなんですよね。管理人なんか気が小さいから、何日もの間頭から離れません。逆に悪口を書き込む人達が自分の悪口を書き込まれたら、どんな気持ちになるのでしょう。やっぱり、嫌な気持ちになるはずです。

 己の欲せざる所は人に施すこと勿れということわざがあります。自分の好まないことは他人も同じ気持ちだろうから、他人に対してそんなことをするべきではないという意味です。全くもってその通りです。人それぞれ好みはあるでしょうけど、自分が嫌なことはやっぱり他人も不快に感じると思います。それがわかっていながら、他人に対して嫌なことを施すなんてもってのほかです。

 アフィリエイトにおいてもいえることです。例えば、サイトの内容が有益な情報より「お金を儲けたい」という雰囲気で満たされているようなところは、見ていてもあまり良いイメージを持ちませんよね。たとえそれが大儲けしているサイトであったとしてもです。それなのに、自分のサイトでも同じことをしていては、訪問者に嫌がられるのは明白です。

 もうひとつ例をあげましょう。ブログにおいて、コメントスパムやトラックバックスパムは、運営者にとって迷惑でしかありません。書き込まれると本当に嫌な気持ちになります。それなのに、自分でも同じようなことをしていませんか。自分のサイトの宣伝目的だけの書き込みを。これは特にアフィリエイトを始めたばかりの人に多いようですが、そんなことをしても反感を買うだけですよ。

 インターネットもひとつの社会にかわりはないのですから、かかわりは薄いにせよ、人付き合いというものがあります。人付き合いの基本は、他人の気持ちを察することだと思います。全ての人達が自分が好まないことをされたから他人にも同じ目にあわせてやるという考え方であったとしたら、インターネットは殺伐とした世界になってしまいます。そんなのは、望まないですよね。

 やっぱり、良いことと悪いことの区別をしましょう。良いことは広める、悪いことは連鎖させないという考え方ですね。結局、自分の好まない事を他人に施して、損するのは自分自身です。そんなことを続けていれば、周りは敵だらけですよ。そんなことにならないためにも、このことわざを肝に銘じておきましょう。そうすれば、他人に好かれる円満な関係が築けると思いますよ。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。