2006年05月13日

落ちれば同じ谷川の水

 アフィリエイターにとって、焦りと不安は付き物ですよね。特に、新米アフィリエイターには悩んでいる人が多いんではないでしょうか。「いつになったら儲かるのか?」、「本当にこのやり方で成功できるのか?」は常に頭をよぎる疑問です。もっとも、管理人の場合、既に枯れ始めたのか、「もうどうにでもなれ」という心境になってしまいましたが。それはそれで困ったものです。

 焦りや不安というものは、先が見えないから生じるものだと思います。結果がわかっていれば、成功するにせよ失敗するにせよ、何も恐れるものはありません。でも、どんなことでもそうですけど、結果がわかっている仕事などほとんどありはしません。だからこそ夢や希望ももてるのだし、逆に焦りや不安もどうやっても消せないのではないでしょうか。

 そんなときに、こんな考え方はどうでしょうか。落ちれば同じ谷川の水ということわざです。湧き水はどんなところから発生しようと最後には谷川の水に合流しますから、出発点は違っても最後に行き着くところはひとつであるということです。こう考えれば、少しは気持ちが楽になりませんか。

 アフィリエイトを始める時期も内容も違っていようとも、最後に行き着くところは同じなんですよ。急いでいこうとゆっくりいこうと、途中で途切れない限り同じ流れの中に合流するんですよ。どんなに途中で紆余曲折しようと、挫折や失敗を経験しようといつかは同じレベルのところまで上りつめるのですよ。

 そりゃあ、どこで満足するかというのは人それぞれに違いはあるでしょうけど、そこはほら、考え方ひとつです。いつか自分自身が納得できるところに行き着ければ、それでいいではありませんか。それ以上何を望むというのですか。どこまでも欲望を追い続けても、キリがありませんからね。

 突きつめれば、人間はどんな生き方をしようとも、最後は死んで灰になるのは同じってことです。アフィリエイトなんて、人生の中の一要素でしかありません。そう考えればアフィリエイトごときで、一喜一憂しているのも馬鹿みたいな話ではないかと思います(アフィリエイターにはあるまじき発言ですけど)。

 アフィリエイターが何万人、何十万人いようと、成功までが早いか遅いか・成功額が大きいか小さいかの違いがあるだけで結局行き着くところは同じ、そう考えれば焦りも不安も少しは薄れるでしょう。要は、気の持ちようということですね。ただ、途中で諦めてしまっては行き着けるところにも行き着けませんよ。それだけは忘れないで下さいね。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。