2006年05月19日

餓鬼の目に水見えず

 人間、焦るとろくなことがありませんね。冷静な判断力はなくなるし、単純な見落としは多くなるし、とにかく失敗の元です。いい例がテレビショッピングです。短い放送時間のテレビで「限定○名様限り」、「本日のみのご提供」なんていわれると、商品もよく知らないのに慌てて買ってしまうなんてことがあります。それで、商品が届いてからがっかりすることが多いです(管理人だけ?)。

 餓鬼の目に水見えずということわざがあります。餓鬼とは常に飢えと乾きに苦しむ亡者のことです。餓鬼はいつものどが渇いているので、近くに水があってもかえって気づかないことから、あまり焦って求めるとかえって目的のものが見つからないたとえです。アフィリエイトにおいて、よくある出来事です。

 例えば、アフィリエイトで大儲けを焦るあまり、一攫千金のアフィリエイトプログラムばかりを選んだりすることがあります。だけど、当然のことながら、そんなアフィリエイトプログラムはなかなか成果につながりません。おいしい話にばかり目がいっていると、かえって収入を得るのが遅くなるということです。

 参考に、大儲けしているサイトを見てください。紹介しているアフィリエイトプログラムは、それほど奇抜なものばかりではなく、報酬は少なくても売れそうなものを中心に構成しているでしょう。それでも儲けているサイトは、月に数十万円の収入を得ているのです。大儲けするコツは、そこにあるのだと思います。つまり、儲けるネタは近くにあるのです。

 アクセスアップに関しても、いえることです。サイトの内容も充実していないのに、SEO対策やアクセスランキングばかりに力を入れるのは焦りすぎです。確かに、それでアクセス数が増えることもあります。ですが、それは一回限りの訪問で終わってしまい、後につながらないのです。

 せっかく訪問してくれた人達を、何度も訪れるリピーターになってもらってこその真のアクセスアップです。そのチャンスをサイトの内容が充実していないから、みすみす逃しているのです。例えるなら、目の前にお客さんがたくさんいるのに、商品が魅力的でなくて閑古鳥の鳴いているお店屋さんのようなものです。早く気づけよって話ですよ。

 だから、アフィリエイトにおいて焦りは禁物です。アフィリエイトは、時間のかかるものだと考えておきましょう。焦る気持ちはわからないではないです。しかし、管理人はそれで何度も失敗しているし、無駄銭も使ったからいえるのです。焦らなくてもサイトが充実していれば、いつかきっと成功しますよ、たぶんね。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。