2006年05月21日

魚心あれば水心

 サイトを運営していての喜びといえば、収入を得ることもさることながら、掲示板やブログのコメントへの書き込みをしてもらえることですね。管理人なんか、掲示板は毎日2回チェックしているし、ブログのコメント・トラックバックに関しては書き込まれたらメールで連絡するように設定しています。一刻も早く、返事を返したいですからね。

 なぜ書き込みがそんなに嬉しいのか、それは自分のサイトが少なからず認められたことになるからです。アフィリエイトで独りで作業していると、「本当に誰かサイトを見てくれているのかな?一人相撲なのでは?」なんて思うことも時々ありますけれど、書き込みをしてもらえると「決して一人きりじゃないんだ」と思えるからです。だからといって、スパムや荒らしはゴメンですけどね。

 魚心あれば水心ということわざがあります。そちらに魚になる心があれば、こちらはあなたの住みよい水になる心を持ってもよい、何事も先方の出方次第で、そちらが好意を示してくれるならば、こちらも好意を示そうという意味です。なんだか上段に構えているようですが、つまり、好意は好意を呼ぶということですね。

 ただし、ことわざどおりの受身の姿勢では、アフィリエイトではまずいと思います。まずは、サイトの内容において、自分から好意的な文章を書くことが大切なのではないでしょうか。先方の出方を待つのではなく、どんな人達にも気にいられるようなサイト運営を心がけることが大事なのではないでしょうか。

 逆もまた真なりです。こちらが好意を示せば、あちらも好意を示してくれるはずです。こちらが敵意を示せば、必ずあちらからは反撃が待っています。それは当たり前ですよね。好意的にされてうっとうしいと思う人はわずかであって、好意を受ければ好意で返すのが人情ってものです。だから、普段から好意的に行動するべきですね。

 だからといって、サイトの訪問者に媚びを売る必要はありません。あくまで訪問者のためを思い、自分の素直な気持ちを表現していれば、それが好意となって文章に現れるはずですから。まあ、人間的に冷たい性格だと問題ですけどね。また、好意を示したからといって、好意を強要するのも間違っています。人それぞれ考え方に違いがあるのだし、そんな考えでは打算が見え隠れして嫌がられます。批判も素直に受け入れる度量が必要ですね。

 まあ、こんなことを書かなくても、わざわざ喧嘩を売って歩くような人は少ないでしょうけど、誰にでも好意的に接することができるというのもなかなか難しいものです。こちらの出方次第で、相手の反応も変わってきます。万人に平等な神様のようになれとは言いませんけど、できるだけ人には優しくしていきたいですね。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 07:51| Comment(4) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
「魚心あれば水心」いいことわざですね♪
「好意は好意を呼ぶ」素敵なことだと思います。
いつもブログのすぐ向こうにいらっしゃる人たちの存在をとても感じています。
人には優しく接しられるといいな・・・そうしなくちゃいけないなって思います。
私も優しくしていただくと嬉しいですから。
ブログを見てくれる人がいる限り「1人っきり」じゃありません。(^^)
私は、いつも見ています♪
これからも頑張ってくださいね。応援しています♪
それでは、お休みなさい。
Posted by satomi at 2006年05月23日 00:03
先輩方からコメントをいただけるって本当にうれしいですよね☆
アフィリエイトって一人じゃないんだ、
わからなかったらできる人に聞けばいいんだって♪
Posted by タケナカマサユキ at 2006年05月23日 03:43
こんにちは、satomiさん。

コメントありがとうございます。

そうですよね。応援してくださっている人がいる限り、一人ぼっちじゃないですよね。

応援してくれるsatomiさんの期待を裏切らないためにも、これからも優しいブログを目指したいですね。
Posted by 管理人kenji at 2006年05月23日 07:03
こんにちは、タケナカマサユキさん。

コメントありがとうございます。

わたしも、アフィリエイトでコメントを頂いたとき、「一人きりじゃない」と思いますよ。

書き込んでもらうのを待つだけでなく、積極的に接触するのも仲良くなる秘訣ですね。わたしは、ちょっと苦手ですけどね。
Posted by 管理人kenji at 2006年05月23日 07:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。