2006年05月28日

稼ぐに追いつく貧乏なし

 う〜ん、最近アフィリエイトの成果が低調で困ってます。ちっとも増える気配なしです。まあ、このところほとんどまともな活動をしていませんでしたから、当たり前といえば当たり前の結果ですけどね。自業自得というものです。それでも、日に日に減っていく成果の発生と収入を見ていると切なくなります。

 はあ〜、出るのはため息と不平・不満ばかりです。「なんで、わたしだけこんな目にあわなくちゃいけないんだろう?」、この一言に尽きます。誰に対するわけでもない、理不尽な怒りです。そりゃあ、自分が悪いのはわかっちゃいるんですけどね、わかっちゃいるけどやめられないってね。

 いや〜、言い訳をしようと思えば、いくらでも考えつきます。「体調が悪いから」、「気分がのらないから」、「集中力がないから」、「新しいアイデアが浮かばないから」・・・などなど。だけど、自分に言い訳したって仕方ないんですよね。アフィリエイトは独りでする仕事なんだから、休んでても文句を言われないかわりに、誰も手伝ってはくれないのですから。要はやるかやらないかです。

 稼ぐに追いつく貧乏なしということわざがあります。不平・不満を抱かず、毎日一所懸命働いていれば、次第に生活は豊かになっていくものだということです。管理人は、この逆ばかりをしていることになります。不平・不満ばかりで、毎日手を抜いて働かずです。それじゃあ、生活は豊かになっていくはずもありませんね。

 アフィリエイトって仕事は、働かなかったことが本当に直に自分に跳ね返ってきます。すなわち、サボってばかりいればアクセス数は減り、常連さんもいなくなり、収入も減るというわけです。だけど、頑張れば頑張っただけ人気も収入も増えるかといえば、そうでもないのが難しいところです。だから、モチベーションが下がるんですねって、いかんいかん、また不平・不満ですね。

 結局、不平・不満をもったところで無意味だし、働かないのは自分が悪いんです。頑張ってもそれに比例して収入になるわけではないのは事実ですが、それでも頑張らなければ収入の増える可能性は全くありません。一所懸命働くからこそ、収入が増える希望もあるのです。それに、一所懸命やっていれば、きっと訪問者さんにも熱意が伝わるはずだと思います。

 一所懸命働かなくちゃいけないのは、誰のためでもない、自分のためなんですよね。だから、頑張らないと。理屈の上ではわかっているのです。ですが、長い間サボっていたので、さぼり癖がついちゃって、なかなかやる気がついてこないんですな。とはいえ、このまま朽ち果てるわけにもいかないので、一念発起して頑張りましょう。少しずつしかできませんけどね。ダメな管理人です。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。