2006年05月31日

渇に臨みて井を穿つ

 どうも、相変わらずぐうたらな管理人です。毎日毎日、やる気が回復するのを待っていますが一向にその気配もなく、だらだらと無駄に過ごす日々が続いています。もしかしたら、管理人はこのぬるま湯につかったような生活から抜け出したくないのかもしれません。将来が明るいとは限らないのですから。

 だけど、今の状況に満足しているわけでもないのです。やらなくちゃ、頑張らなくちゃという気持ちもわずかにはあるんですよ。ですが、やる気の原動力につながらないんですね。おそらく、気持ちに危機感が足りないんでしょうね。「今のままでもいいんじゃないの?」という考えが頭を支配しています。決して良くはないのですけどね。

 渇に臨みて井を穿つということわざがあります。のどが渇いてから井戸を掘るように、事態が切迫した状況からあわてて準備をしても、手遅れで間に合わないという意味です。そりゃあ、当然ですよね。飲み水がない状態から井戸を掘りはじめて、一体いつになったら水が得られるのかってことです。その前に干からびて死んじゃいますね。

 管理人の場合、危機感が足りないからやる気が出ないということですけど、本当に危機に陥ってからでは遅すぎるんです。今日の生活費もない状況からアフィリエイトのサイトを充実させて儲けようったって、そりゃあ無理な話です。大体、仮に出来たとしても、アフィリエイトサービスプロバイダの報酬支払いは二ヵ月後ですから、残念。

 それに、危機になれば気持ちに余裕がなくなります。余裕がなければ焦りを生み、良いアイデアなど思いつくはずもありません。ただでさえアイデア不足なのですからね。時間だって1日24時間と決まっているのですから、どんなに必死になろうとそれ以上は働けません。不眠不休では体も精神も保ちませんしね。

 いつでもできるという考え方も危険です。逆を返せばいつでもできるは、いつまでもやらないということですからね。やらなきゃあサイトは充実するはずもないのです。本気になれば何とかなるというのは、危機になってからでは遅すぎます。もっと早くから本気になっておけよって話です。

 アフィリエイトはとても時間のかかる仕事です。一日や二日どうこうできるものではないのです。急げば失敗するし、焦れば作業が進まないし、良いことは何一つありません。だから、普段からのコツコツとした積み重ねが大切なのだと思います。人気も収入も、急には上がってくれませんよ。わかってはいるんですけど、すっぱりと頭を切り替えられないのが管理人の弱点ですかね。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 08:12| Comment(2) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして さいおう と申します。

色々な時期があると思います。
人間ですもの。

私は、貴方様の毎日かかさず日記を
継続して書いていることが
大変すばらしいと感じました。

応援ポチッ!
Posted by さいおう@大技小技裏技SEO対策で売れるアフィリエイトサイトを at 2006年05月31日 23:09
こんにちは。

コメントありがとうございます。

こんな駄文を褒めていただいて、嬉しいです。

タイミングは大事ですよね。危機になる前に、うまくチャンスをつかんで成功したいところです。

Posted by 管理人kenji at 2006年06月01日 07:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。