2006年07月12日

君子は義に喩り小人は利に喩る

 君子は義に喩り小人は利に喩るということわざがあります。教養のある人は、全ての物事を正しい道に合うかどうかと考えるが、無教養の人は、どうしたら利益を得られるか、そればかりを考えるものであるという意味です。う〜ん、痛いところをついたことわざです。まるで、管理人が小人だといわんばかりです。まあ、小人なんですけどね。

 振り返ってみると、管理人は確かに利益を得ることばかりを考えて、サイトを運営してきたかもしれません。とにかくたくさんのアフィリエイトプログラムを紹介しようと躍起になっていた時期がありましたからね。それが、利益を増やすことにつながると信じていましたから。だけど、結果は惨憺たるものでした。

 最近になってようやくわかってきたことですけど、むやみやたらにアフィリエイトプログラムを紹介すればいいってものじゃないんですね。しっかりとした内容があってこそのサイトであり、それがアクセスを増やし、最終的に利益を増やすことにつながるんですね。えっ、気がつくのが遅いって?すみません、小人なもので。

 アフィリエイトはお金儲けですから、利益を考えることは当然です。だけど利益のことばかり優先していてはダメなんです。アフィリエイトプログラムの紹介ばかりに終始しているようなサイトは、ただのリンク集となんら変わりがありません。そんなサイトには、人は集まってくれないのです。ましてや、リピーターになどなってくれるわけもありません。

 アフィリエイトのサイトにおいて、主となるべきはそのジャンルに精通した知識です。面白い内容です。アフィリエイトプログラムの紹介はおまけなのです。それなのに、アフィリエイトプログラムの紹介を主にして、それ以外の記事をおまけにするのは、とんでもない勘違いです。誤った考え方です。

 管理人は教養がある君子ではありませんから、全ての物事を正しい道に合うかどうかと考えることなどできませんが、ことアフィリエイトに関してはそれほど間違った考え方ではないと思います。例えば、ショップに買い物に行ったとき、やたら商品を売りつけようとする店員さんと、親身になって相談にのってくれてアフターサービスも万全な店員さんなら、どちらが良いか言うまでもありませんね。それと同じことです。

 まあ、利益そっちのけで、無償でためになる記事ばかり書けるような君子にはなれそうもありませんけど、せめて利益ばかりを考える小人でも終わりたくありませんね。だから、中人くらいを目指せば、ちょうどいいのかもしれません。中国人じゃありませんよ。とにかく、欲をかくのもほどほどにということですね。欲望を見透かされては、訪問者に嫌われますから。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 07:50| Comment(3) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。koharaです。

そうですね。お金もうけの事ばかりじゃだけですよね。

以後気をつけます。

応援ぽちっ
Posted by ネットショップオーナーが稼ぐ方法@kohara at 2006年07月12日 15:43
ことわざは、奥深いですけど、アフィリエイトは、浅く広くでしょうか?

まだ勉強中ですが、また、見に来たいと思います。

よろしく
Posted by あーふふくん at 2006年07月16日 15:16
こんにちは、あーふふくんさん。

コメントありがとうございます。

誤解を招くような文章で申し訳ありませんが、アフィリエイトは浅く広くではありませんよ。どちらかといえば、ひとつのことを極めたほうが得策だと思います。

だけど、利益ばかりを優先するのはNGですよ。
Posted by 管理人kenji at 2006年07月18日 07:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。