2006年07月13日

下衆のかんぐり

 管理人は、決して品行方正な人間ではありません。どちらかといえば、下衆の部類に入るでしょう。最近は特に、何でも疑ってかかる癖がついてしまっているし、他人の親切も素直に受けられなくなってしまいました。おかしいなあ、いつからこんな人間になってしまったのでしょう。子供の頃は、もっと素直だったはずなのにね。

 例えば、他人のサイトを見るときにでも、良いところを探そうとせず、欠点を探そうとするし、最初から否定的な目で見てしまいます。大儲けしているサイトを見れば、嫉妬心も相まって、「何か裏で悪いことでもしているのでは?」なんて、根拠もなく疑ってしまいます。そんなはずないのに。嫌な人間ですね。自分でも、そう思います。

 下衆のかんぐりということわざがあります。品性の卑しいものは何事に対しても気を回しすぎ、邪推をしたがるというたとえです。管理人がまさにこれです。ストライクです。やっぱり、自分自身のやっていることに自信が持てないから、他人に対しても厳しくなってしまうのかもしれませんね。

 確かに、最近の社会情勢では、簡単に他人を信じると痛い目を見ることも多いです。インターネットの世界でも同じです。頻繁に届く迷惑メールを全て素直に受け取って返信していれば、すぐに詐欺に引っかかるでしょうし、情報商材を一から十まで信じて購入すれば、お金がいくらあっても足りません。

 だけど、本当に運営者の厚意で運営しているサイトもたくさんあるのです。そんなところまで、全て疑ってかかっていたら、せっかくの貴重な情報もみすみす見逃すことになります。成功しているサイトの良いところを見つけて吸収しなければ、自分のサイトのレベルアップなどできるはずもありません。

 それに、サイト運営者が何者も信じないような人間では、書いている記事にもそんな雰囲気が表れるでしょう。そうなれば、訪問者だって敏感に察知して、ウケるわけがありません。だって、書いている本人が誰も信じないのに、訪問者にだけは自分を信じろなんて虫の良すぎる話ですからね。

 何を信じて何を信じないかというのは難しい問題ですが、少なくとも一所懸命やっているサイトはなんとなくわかるはずです。例えば、お金儲けの話題ばかりでなく、記事の内容に気持ちがこもっていたり、更新の頻度が高く、更新内容も充実していたりなどですね。そのようなサイトは、信じるに値すると思います。何事も邪推するようになっては、最後には一人ぼっちですよ。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 08:00| Comment(1) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
人気ランキングから伺いました。
「もへじ」と申します。^^

そうですね。
お金儲け以外の話も大好きです。

でも、収入はほしいですよね。
私のブログでも
収入に即決する情報を流しています。

お時間が許せば、
私のブログにも遊びにいらして下さい。

心をこめて
ランキング応援ポチ!
Posted by 夢をカタチにするもへじのネット起業冒険記 at 2006年07月13日 13:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20707836

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。