2006年07月22日

呉牛月に喘ぐ

 管理人の気は小さいです。それはもう、小動物のように小さいです。どれくらい気が小さいかというと、小学校の頃の野球大会の日に、自分の打順が回ってきたとき、緊張のあまり左利きなのに右バッターボックスに立って気がつかなかったほどです。また、どんな集合時間にも遅刻するのが怖いので、必ず決められた時間の一時間以上前には到着しているくらいです。

 そのくせ、見栄だけは人一倍強いから、失敗を極端に恐れるんです。人前で失敗して笑われたらどうしよう、他人に迷惑をかけたらどうしようと考えると、何日も前から憂鬱になってしまいます。だから、普通の人なら簡単なことでも、管理人には新たな一歩を踏み出すのにとても勇気がいるのです。

 呉牛月に喘ぐということわざがあります。呉牛は水牛のことで、暑さを非常に恐れる水牛は、月を見ても太陽かと思って喘ぐことから、過度に恐れること、極端な恐怖症を意味します。管理人は、まさに呉牛のようです。もっとも、見た目は呉牛というよりも、信楽焼きのたぬきのようですけどね。

 だけど、こういう性格というのは、何かにつけて損します。人見知りで積極性がないから、仲間に打ち解けるまでに時間がかかるし、新しいことに挑戦する勇気がないから、いつまでたっても見識も趣味も幅が拡がりません。それに、何かにつけてうじうじくよくよ悩んでいるから、楽しさを感じることが少なくなってしまいます。

 アフィリエイトには不向きな性格といえますね。アフィリエイトなんて他人より率先して新しいことにチャレンジし続けなくては、とても成功にはおぼつきません。積極性こそアフィリエイトという仕事の要となるものです。勇気こそアフィリエイトという仕事の重要な要素です。失敗を恐れて何もしないでいては、進歩はないのです。

 開き直って考えてみましょう。アフィリエイトなんて、よっぽど悪いことをしない限り、他人に迷惑をかけることはありません。失敗したって、自分に跳ね返ってくるだけで、何の問題もないです。ネットの世界ですから、対面しているときほど他人の目を気にする必要もないはずです。それに、アフィリエイトなら何度でもやり直しがきくのです。

 いいじゃないですか、人に迷惑をかけないのなら、それほど恥をかかないのなら、自分の自由にやったって。自分の個性を出して、やりたいように正直にサイトを運営していれば、きっと良い方向へ進むと思います。過度に恐れることはありません。落ち着いてみれば、呉牛だって月と太陽の区別くらいつくはずですよ。他人事じゃなく、管理人にこそ言えることですけどね。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。