2006年07月26日

心ここに在らざれば視れども見えず

 最近の管理人は、注意力散漫で困ります。テレビを見ていても、つい良い場面を見逃してしまいます。大好きなお笑い番組で、観客が大笑いしているのに、そのギャグを聞き逃して「しまった」なんてことが多々あります。本を読んでいてもそう。読んだはずの登場人物や場面の設定がちっとも頭に入っていないので、何度もページを戻さなくてはなりません。たかが4コマまんがでさえ。

 まあ、テレビや本は他の人に迷惑をかけるわけではありませんからまだましですけど、約束事や連絡事項まで忘れるとなると、日常生活にも支障をきたします。会話でちゃんと聞いて返事までしていたはずなのに、右の耳から左の耳へ素通りしているんですね。それもこれも、あれこれいろんなことを考えすぎるためなんでしょうかね。心ここに在らずということです。

 心ここに在らざれば視れども見えずということわざがあります。心が上の空では、見ているようでも、実際は何も見えていないという意味です。その通りですね。決してわざと忘れようとして忘れているんではなく、もとから心がここにないから、見ているようで見ていない、聞いているようで聞いていないということです。覚えていないのも当然です。

 つまり、集中力が肝要ということですね。目の前のことに集中しなければ、物事の本質が見えていないのですからできるものもできませんし、見えてない部分を探すため時間がかかってしようがありません。それに、集中できずに目的さえ見失った状態では、寝ているのと同じことです。だったら、寝てろって話ですよ。

 アフィリエイトでもそうです。膨大なアフィリエイトプログラムの中から、儲かりそうなものを選ぶのには、集中力が必須です。ぼーっと眺めているだけでは、せっかくの良いアフィリエイトプログラムを見逃すことになります。そうなれば、知らず知らずのうちにアフィリエイトで儲ける機会を失っていることになります。

 大儲けしている他の人のサイトを見るときでも、偏見の目で見ればあら探しばかりに気をとられて、せっかくの充実した部分も見過ごすことになります。素直に良いところを学ぼうという集中力がなければ、そのサイトの本質を見抜くことが出来ず、時間の無駄で意味がないのです。

 ずっと心を張りつめていることは大変ですけれど、大事なところでは集中することが大切だと思います。せっかくテレビを見ているのに、他のことを考えていては楽しめないでしょ。せっかく本を読んでいるのに、別のことに心奪われていては内容が把握できないでしょ。せっかくアフィリエイトをしているのに、集中力がないために成功できなければもったいないでしょ。そういうことですよ。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。