2006年07月29日

尽く書を信ずれば則ち書なきに如かず

 最近では、アフィリエイトもメジャーな仕事になってきたのか、たくさんのアフィリエイト本が発行されていますね。アフィリエイト専門の雑誌まで登場しているくらいです。これらの本は、とても良いことが書いてあるし、読んでいるだけであたかも自分でも簡単に成功できるような気になってきます。たくさん読めば読むほど、成功に近づけるような気もします。

 本に限らず、インターネット上でもたくさんのアフィリエイト関連サイトがあります。個人サイトから企業サイトまで、さらには有料の情報商材なんてものまであります。それこそ無数に存在するので、情報を集めるのには事欠きません。もう、それらを読んでいるだけでお腹いっぱいです。

 でも、こんなことわざもあります。尽く書を信ずれば則ち書なきに如かずです。いくら立派な書物でも全部が全部、真実や心理を表わしているわけではない、それらをまるまる信じるくらいなら、そんな本はないほうがましであるという意味です。本当にその通りだと思います。昔の偉人は、良いことを言いますね。

 書を読み漁るのは、決して悪いことではありません。たくさんの情報を集めるのも、むしろ良いことでしょう。それによって、今まで知らなかった知識が身につき、見識が拡がることは確かですから。何もしないで、自分の頭の中だけで考えるよりはよほど効率的だし、自分だけでは思いつかなかった新たな発見もあるはずですしね。

 だけど、収集した全ての情報を鵜呑みにして、その通りに実行すればアフィリエイトで成功できるというものではありません。人の考え方なんて千差万別だし、アフィリエイトの成功までに至る方法も人それぞれ違うのです。情報のどれもこれも採用していては、サイトに統一感がなくなり、支離滅裂なサイトとなるだけです。

 多くの情報の中から正しいと思うものを選択して、自分なりのやり方に活かすことが重要です。つまり、最終的には自分の頭で考えて決断しろということですね。他人の言うことをまるまる信じていて、それが自分の個性的なサイトといえますか。そういうのはコピーサイトでしかなく、二番煎じでしかないのです。そして、いつまでも柳の下に二匹目のどじょうがいるわけではありませんよ。

 他人の言うことを信じるなということではありませんよ。良い情報はたくさんあることも事実だし、役立つのも確かです。だけど、自分なりに情報を噛み砕いて応用しなければ、進歩はできないということです。つまり、いろいろな情報から良いとこ取りをして、オリジナルの必勝法を編み出せば良いのです。真似するだけなら誰でもできる、そんな情報はなきに如かずということですよ。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。