2006年08月10日

しくじるは稽古のため

 ついてない時期ってありますよね。管理人がまさに今、その真っ只中です。何をしても失敗ばかり、さすがにうんざりしています。つきとか運とかのせいにしたくはありませんけど、これだけ失敗続きだとそう思いたくもなるってものです。だから、管理人は近頃、少し(かなり?)凹み気味です。もう疲れたよ〜。

 失敗する原因が自分にあることは、誰よりも管理人自信がわかっているんです。やるべきことをやっていない、適切な判断ができていないから失敗しているんです。後から落ち着いて考えれば反省点はいくつもあるのですが、やっている時点では事に入れ込みすぎて気づきません。気づいた時には、後の祭りってやつです。

 しくじるは稽古のためということわざがあります。失敗するのはいつか成功するための稽古を積んでいるようなもの、失敗を重ねて初めて成功することができるという意味です。こう考えれば、管理人の失敗続きも悪いことではないような気がしますね。少し気が楽になれたように思います。

 ただし、最初から失敗するのがわかっているのに、わざわざそれにはまることは馬鹿げています。やっぱり、失敗しないように最新の注意を払ってから、事を始めるべきでしょう。それで失敗するのであれば仕方のないことです。その失敗は、ことわざどおり、次につながる失敗といえると思います。

 また、失敗しても、反省しなければ意味がありません。同じ失敗を繰り返すようでは、成功へ近づくことはできませんからね。なぜ失敗したかよく考え、悪いところは素直に修正することが大切です。稽古だって、ただ闇雲にひたすら繰り返すだけでは上達はしません。それと同じことです。

 何もしなければ、失敗することはないでしょう。失敗しなければ、傷つくことも、悔やむこともしなくて済みます。「それなら安心だ」と思っていてはダメですよ。何もしなければ失敗しないかわりに、成功することもまた絶対にありません。事なかれ主義では、前に進むことはできないのです。

 確かに失敗することは怖いです。嫌です。経験したくないです。そりゃあそうですよね。誰だってそう思うでしょう。だけど、どんなに慎重に事を進めても、失敗するときはあるのです。そのときに、毎回落ち込んでいては体が保ちません。しくじるは稽古のためと考えましょう。ポジティブシンキングで、ハッピーライフをエンジョイですよ。ね!

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 07:24| Comment(1) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。koharaです。

失敗しないことにこしたことはないのですが、成功へつながることはありますよね。

応援ぽちっ
Posted by ネットショップオーナー@kohara at 2006年08月10日 14:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22161067

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。