2006年09月12日

叩けよさらば開かれん

 管理人は、行動が基本的に待ちの姿勢です。どんなことでも、何かが起こるまで、相手が何かをしてくれるまで、じっとしています。数年前に病気になってからは、一段とこの傾向が強くなっているようです。我慢強いと言うべきか、他力本願と言うべきか。たぶん、いやきっと後者ですね。

 この生き方は、とてもストレスが溜まるんです。自分が何もしないのに思い通りに事が進むことなんて、めったにあるはずがありませんからね。それでも、管理人は待ち続けます。イライラしながら、不満に思いながら。それなら、自分から行動せいって話ですが、それがなかなかできないんです。

 新しいことを始めるのが怖いんです。新しいことに挑戦する勇気がないんです。新しいことをしたばっかりに、今の生活まで失われるのではないかというのが心配でたまりません。決して、今の生活に満足しているわけでもないのにね。それどころか、現状はどん底に近いというのにね。それでも、不安はつきないのです。

 結局、管理人は逃げているのだ。現実から目を背けて逃げているのだ。そのうち誰かが助けてくれる、いずれ幸運の時期がやってくるなどと自分に都合のいい幻想を夢見て。そんなはずがないのは、これまでの人生で嫌というほどわかっているというのに。同じ過ちを繰り返そうとしている。

 自分を救えるのは、自分だけなんです。他人にそれを求めるほうが野暮ってものです。だから、新しいことに向かっていく積極的な気持ちがなければ、現状を変えることなどできるはずがないのです。待っていたって何も変わらない、良くて現状維持、悪くすればさらに状況が悪くなるだけです。

 叩けよさらば開かれんということわざがあります。何事にせよじっと待っているのではなく、積極的な態度・心得を執ることで扉は開かれるという意味です。その通りだと思います。扉を叩かなければ、誰も気づいてくれることはなく、誰も扉を開けてくれるはずもありませんよね。簡単な理屈です。叩いて扉が開かれれば、良くも悪くも新しい世界が待っているのです。

 わかってはいるのです。今の自分の行動姿勢が間違っているということはね。だけど、理屈では割り切れない気持ちもあるのです。今までの人生における失敗がトラウマとなって、管理人を臆病にさせています。傷が癒えるまでは、まだ時間がかかりそうです。でも、時間は無限にあるわけではありません。何とかしなければと思う自分がいますが、何ともできないと考える自分もいます。行動に移せない自分が歯がゆいです。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23625126

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。