2006年09月19日

何もせずにいる事は悪を為している事なり

 最近の管理人は、すこぶる体調が悪いです。身も心も絶不調といっていいくらい悪いです。だから、何をするのも億劫で、何もする気が起きません。仕事どころか、大好きだったゲームをすることや録り溜めたバラエティ番組を見ることもできずにいます。ただ起きて、何もせぬまま一日が過ぎて、寝るだけです。まあ、やる気が出ないのは今に始まったことではありませんけどね。

 起きているだけで、いろんな不安が襲ってきてとても辛いのです。かといって、悩み事で頭がいっぱいで夜も満足に眠れません。この悪循環が積み重なって、さらに体調は悪くなるばかりです。これじゃあ、何もせずにいても仕方がないですよね。うん、不可抗力ですよ。って、自分で自分に言い訳をしてみたりして。ただ単に逃げてるだけか。

 ただ、何もしないということは、良いこともできませんが、悪いことも行いようがありません。つまり、誰の役にも立てない代わり、誰にも迷惑をかけることがないので、プラスマイナスゼロです。極論すれば、居ても居なくても同じことなんです。じゃあ何のために生きてるのといわれれば、そんなことは本人にもわかるはずもありません。

 何もせずにいる事は悪を為している事なりということわざがあります。人はこの世に生まれてきた以上は自ら進んで善をなさねばならぬ、何もしないでいることは人の道に反する悪行であるという意味です。うわ〜、きっついことわざですね。人の道ときましたか。それじゃあ、管理人は人の道を外れた大悪人ということですね。

 何もできないってことは、そんなに悪いことなのかなあ?そういわれれば、そんな気がしてきました。確かに、一部の人には心配かけたり、食べさせてもらったり、住まわせてもらったりといろいろと負担をかけていますよね。それに、働かない人間がいるというだけで、世間的にも道徳的にも周りの人間に悪影響を及ぼしているのも否めませんか。

 悪いことをしているというのはわかりました。いや、最初からわかっていたんですけどね。いつも心のどこかに罪悪感がありましたから。だってそうでしょう。普通の人が当たり前にできることさえ、管理人にはできないんですもんね。それで悪いと感じないほど鈍感ではありません。

 だからといって、今すぐ行動を開始できるものでもないので困ります。今の管理人には、行動するためのエネルギーが足りません。わかっていても何もできないジレンマ、とても辛いです。いつか以前のように行動することができる日が来るのでしょうか。それさえわかりません。果たして、悪を為してまで生きているほどの価値が管理人にあるのかどうか。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23983849

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。