2005年04月23日

すごい数です、ブロードバンド人口1800万人以上

 総務省の発表した調査結果で、2004年度末のブロードバンド人口は1800万人を越えたそうです。ブロードバンド人口がここまで多いとは思ってもみませんでした。内訳はADSLが最も多く、次いで光ファイバーやケーブルテレビになってます。増加率は光ファイバーがADSLよりも高く、光ファイバーの普及が進んでいることがわかります。

 これだけブロードバンド人口の増えた背景には、インターネット網の基盤が全国的に拡がったこと、ADSLや光ファイバーの低価格化が考えられます。時間を気にしながらインターネットをしていたダイヤルアップ接続時代も今は昔、月額料金定額制でつなぎ放題の上、高速なブロードバンドが普及しないわけがありません。ブロードバンドの普及により、インターネットはパソコンを趣味にしている一部の人たちだけの道楽でなく、一般の人にも浸透してきたということでしょう。だって、便利ですもんね。

 最近のサイトがブロードバンドでないと楽しめなくなっているのも事実です。企業サイトを訪れれば、必ずといっていいほどFLASHムービーや写真・画像・動画等が使われているし、簡単なソフトのダウンロードにしたって数MBくらいのファイルが平気でやり取りされています。もはや、ダイヤルアップ接続では対応できない時代なんですね。

 それにしても、ブロードバンドがこれだけ速いスピードで普及するとは、数年前には思ってもみませんでした。ケーブルテレビやフレッツADSL、Yahoo BBなどが1MBPSの通信速度で登場したときにはそれはもうビックリしたものです。それまでのダイヤルアップ接続の通信速度とは桁が違いましたからね。それが、あれよあれよという間に通信速度がADSLで50MBPS、光ファイバーの登場で100MBPSなんてべらぼうに高速化してしまいました。

 今は上限100MBPSで止まっていますが、またいつ上がり始めるかわかったものじゃありません。今のところ通信速度を上げる新技術の噂はあまり聞いたことはありませんが、なんせ以前だって突然光ファイバーなんてものが登場していますから、油断はできません。まあ、これ以上の通信速度の向上は、現段階ではオーバースペックでしょう。

 ブロードバンドの普及で、サイトを作る側としてはそれほどサイトの軽量化を気にする必要もなくなってきたのかもしれません。むしろ、積極的に画像や写真を活用しても問題ないでしょう。やりすぎは禁物ですが。サイト作りの自由度が拡がったことは喜ばしいことです。その代わり、見栄えのいいサイトとそうでないサイトの差がはっきりとしてしまうでしょうね。センスのない管理人にはピンチかな?

 なんにせよ、ブロードバンド人口の増加は、それだけサイトのアクセス数が増えることにつながるはずです。後は、新しくインターネットを始めた人達をうまくサイトに誘導できれば成功です。その方法は管理人にもアイデアがないので残念ながら提案できませんが、新規訪問者獲得のチャンスは確実に増えているのです。何とか工夫して、アクセスアップ目指しましょう。ガンバです。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。