2005年06月20日

これでいいのかインターネット

 6月15日に迷惑メールに関する情報サイト、迷惑メール対策@nifty(http://www.nifty.com/antispam/)がスタートしました。迷惑メールの基礎から対処方法、最新情報などが掲載されていてとても参考になります。初心者向けにわかりやすく説明してありますので、パソコンを始めたばかりで迷惑メールに困ったら、覗いてみるといいでしょう。

 このサイトによると、迷惑メールを受け取っても何のアクションも起こさないことが基本とされています。迷惑メールに「メール受信拒否はこちら」と書いてあったとしても、決してクリックしてはいけないそうです。これにより、相手に自分のメールアドレスがばれて新たな迷惑メールの標的にされるからです。

 管理人も最初の頃は迷惑メールが来るたびに受信拒否を送信していました。そんな仕組みになっているとは露知らず、何の疑いもなくやってしまいました。その結果、管理人のメインのメールアドレスには毎日数十通もの迷惑メールが届く状態になってしまいました。しかも、その半数は海外から。管理人のメールアドレスはどこまで広がってしまっているのやら、想像するととても怖いことです。

 しかし、広告メールには「未承諾広告」の表示と受信拒否の連絡先の表示が義務付けられているのです。その受信拒否の連絡先が迷惑メールの罠だとしたら、一体どう対処したらいいのでしょう。いつまでも、知らんフリして嵐の過ぎ去るのを待つしかないのでしょうか。何か受身ですっきりとしません。

 また、迷惑メール対策@niftyではこうもいっています。「掲示板や自分のサイトにメールアドレスを表示するのはやめましょう」と。掲示板やサイトからアドレスを収集する悪徳業者がいるからです。確かにそうです。管理人は何も知らない頃、掲示板には自分のメールアドレスを表示するのが礼儀だと思っていました。掲示板もそういう入力項目が必ずありますからね。そのためもあってか、管理人のメールアドレスは迷惑メールでえらいことになっています。

 しかし、掲示板は本来、仲良くなった人とのメールアドレスの交換が目的の一つなのではないでしょうか。自分のサイトにもメールアドレスを表示するからこそ、興味を持った人が連絡をくれるのではないでしょうか。それが迷惑メールのせいで、メールアドレスを表示できないでいるなんてそれこそ迷惑な話です。これによって、掲示板への書き込みはますます匿名性が強くなり、他人の中傷や嫌がらせなど新たな問題が発生しています。自分のサイトにも、連絡用にメールフォームで対処しなくてはなりません。

 世の中間違っています。これでいいんでしょうか、インターネット。先日、初めて迷惑メールを送信していた業者が営業停止処分を受けていました。取り締まりは今後も強化されるそうです。改正電子メール法も秋には施行されて、迷惑メール送信者には実刑も適用されます。これによって迷惑メールが無くなることを願います。そして、堂々と自分のメールアドレスを公開しても問題のない明るいインターネット社会が来るといいですね。いや、来るべきです。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷惑メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。