2005年06月24日

届かぬメール、今日も来ない、明日も来ない?

 管理人は、今、あるメールを待ち続けています。それは、来るととても嬉しいものです。管理人のサイトの命運がかかっているといっても過言ではありません。もし、そのメールが来るようなら、管理人のサイトの状況は激変するでしょう。しかし、今日も来ない、明日も来ないかも?

 管理人がパソコンに向かっている最中、メールが届くとビクッとします。「これは希望のメールかもしれない」いつも期待に胸膨らませて常に開いているメールソフトに素早く切り替えます。しかし、そのたびに望みのメールではなくがっくりです。作業中に10通以上は届くであろうメールを見るたびにがっくり、首が疲れます。

 こんなときに、迷惑メールなど来たときには無性に腹が立ちます。「お前なんか待ってるんじゃない」そう叫びだして、メールを即座に破棄。本当の手紙なら破り捨てているところですが、電子メールではそういうわけにもいかず、八つ当たりする対象がなくてやきもきします。まさか、迷惑メールのたびにディスプレイを叩き壊すわけにもいかないですからね。

 目的のメールを待ち続けて、すでに2週間以上が経過しました。タイムリミットはあと1週間もありません。1日の作業を終えるとき、「今日も来なかった」という失望感でいっぱいです。日にちが過ぎるたび、失望感は絶望感に変わり、期待は焦りに変わります。「明日こそ来て欲しい」と願う気持ちは大きいですが、「明日も来ないだろう」と客観的に現実を見つめる自分がいます。

 「もしかしたら、メールが相手に届いていないのかも」、「記入し忘れた箇所でもあったのかも」、現実逃避している自分が嫌になります。メールを送信する際に何度も何度も確認したはずなのにね。占いをあてにしようにも、先週も今週も運勢は良くありません。時間がないというのに運にも見放されたか、もはやすっかり意気消沈です。

 絶対の自信があって応募したわけではありません。それでも、「少しは可能性があるかも」と考えていたのもまた事実です。何度も失敗を重ねて、今回こそは以前よりましな内容を書いて送信したつもりでした。しかし、結果は未だに届かぬメールです。「またダメか、また失敗か」諦めの気持ちが日に日に強くなります。

 ああ、こんなにも待ち焦がれているのになぜ来ない?実力不足、しょせんは無駄な努力に過ぎないのでしょうか?残り数日の間に奇跡は起こるのでしょうか、それに期待するしかありません。それでもダメなら・・・。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。