2005年08月19日

サブタイトルに意味はあるか

 たくさんのサイトがメインタイトルとサブタイトルで構成されています。かくいう管理人のサイトも「ネット良品お得情報」というメインタイトルと「〜アフィリエイトで副収入〜」というサブタイトルをつけています。サブタイトルのキーワードでもあわよくば検索エンジン上位表示しようという作戦です。でも、本当にサブタイトルは有効なのでしょうか?

 サイトの内容をわかりやすく説明するという目的なら○です。メインタイトルはオリジナル性を出すために変わったタイトルをつける場合も多く、それをサブタイトルで補足することは十分に意味があるでしょう。また、メインタイトルとサブタイトルに分けることで、タイトルにメリハリがつくということでも効果的です。

 実際検索エンジンで表示される場合は、サブタイトルまで表示されることでどんな内容のサイトかわかることがよくあります。メインタイトルがあまりにも長すぎるサイトも検索結果に表示されると変な感じがします。つまり、適切なサブタイトルがあってこそ、肝心のメインタイトルが活きてくるわけです。

 しかし、検索エンジン対策としてサブタイトルをつけることは×です。まず、キーワードが多くなりすぎて、ひとつずつのキーワードの重要度が下がります。また、相互リンクを申し込んだ場合、サブタイトルは略される場合が多く、結果としてサブタイトルの語句が検索エンジンにそれほど重要とは認知されないのです。

 管理人のサイトで例をあげてみましょう。メインタイトル「ネット良品お得情報」のキーワード「お得」はどの検索エンジンでも20位以内に入るほど効果的に作用しています。しかし。サブタイトル「〜アフィリエイトで副収入〜」のキーワード「アフィリエイト」や「副収入」では100位以下でしかありません。

 ただ、全く意味が無いのかというとそうでもありません。曲がりなりにも100位以下ですが、検索エンジンにはちゃんと表示されているわけです。これがサブタイトルがなかったら、「アフィリエイト」や「副収入」で表示されることはなかったわけです。タイトルだけで表示順位が決まるわけではありませんが、管理人のサイトで「副収入」という語句はほとんど使っていないにもかかわらず、検索エンジンに表示されるのはサブタイトルのおかげでしょう。

 ですから、あくまで検索エンジン上位表示したいキーワードはメインタイトルに入れるべきであり、サブタイトルはサイトの内容を補うつもりでつけたほうが良いでしょう。このことに気がつくまで管理人は長い時間がかかってしまいました。結果が出て初めてわかることもあるということですね。という訳で、管理人のサイトのサブタイトルの使い方はあまり上手とはいえません。メインタイトルも含めて、そのうち変更するべきでしょうね。大変ですからやりたくはないですが、本当にアクセスが少ないんですから仕方ありません。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームページ作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6034346

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。