2005年08月24日

面白い文章とは?

 管理人のサイトの記事はどうにも堅苦しくていけません。反省することばかりです。注意しつつ記事を書いているものの、なかなか面白い文章は書けません。本人がそう感じるのですから、他者から見ればもっとつまらない文章なのでしょう。文章を書く能力というのは天性のものであって、どんなに頑張っても無駄なのでしょうか。

 管理人が記事を書くにあたってもっとも重要視することは、情報量の多さです。面白い文章以前に、情報量が不足しているようでは話になりませんからね。だから、必要と思ったことは全て記事に織り込むようにしています。そうすると、どうしても文章が長くなり、読みにくくなってしまうのです。

 面白い文章というのは、さりげなくフレンドリーな書き方がされているものです。馴れ馴れしくなく、それでもって読者に語りかけているような好感が持てる文章、そんなものです。この微妙なバランスが難しいのですね。管理人が意識的にフレンドリーな文章を書くと、何だかギクシャクした文章でわざとらしく、ちっとも爽やかな印象の文章になりません。

 また、おもしろエピソードや例え話も面白い文章には必要です。人気サイトの記事は、さすがにそれらがうまく用いられています。でも、難しいんですな、これが。おもしろ話を思いつくのはやっぱり才能であって、努力でどうこうできるものでもないのです。例をあげることは管理人もしますが、それが面白いかといえば、そんなことはほとんどないのです。何か無理やりといった感があります。

 経験談を書くことも面白い文章には必須でしょう。実際に体験したこと、それは何よりも貴重な情報です。こればっかりは年季がものをいいますから、コツコツと積み上げていくしかありません。そこへいくと、管理人はまだまだ経験値が足りない、ロールプレイングゲームに例えればレベルが低いのです。

 さらに、順序良く組み立てられた文章も読みやすく、面白いものです。これができれば、文章が短くとも、適確な情報がしっかりと伝えられるはずです。そのためには、あらかじめ書くべき内容を全て頭の中で整理してイメージできるテクニックがないとできません。これも一朝一夕で身につくものではなく、繰り返し文章を書くことで覚えるものです。才能のある人は別でしょうけどね。

 面白い文章とは、事実を並べるだけではなく、それに+αして上記のような内容をちりばめることだと思います。才能のある人ならともかく、管理人のような凡人は繰り返し練習して少しずつでも技術を磨くしかないのです。そういう意味で、この日記はうってつけの練習です。なかなか上達はしていませんが、努力だけは続けましょう。そして、いつか面白い文章が書けるといいですね。それまでこのサイトがもてばの話ですけどね。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 08:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ホームページ作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
十分おもしろいですよ?

僕も最近気付いたのですが、自分が思うよりも多めに改行を使うと読みやすくなるようです。

でも、何より楽しんで書くのが大切ですよねo(^-^)
Posted by 俊介 at 2005年08月24日 08:42
コメントありがとうございます。

そういっていただけると、とても嬉しいです。

一応、最近では規則的に改行をするようにはしています。

楽しんで書けることが一番、まさにその通りです。長い間サイトを運営していると、忘れがちですが、もう一度初心に帰って、書くことを楽しみたいですね。
Posted by 管理人kenji at 2005年08月24日 11:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6187690

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。