2005年09月11日

相互リンクのマナー

 相互リンク、検索エンジン対策の有効な手段です。やっておいて損はありません。管理人も多くのサイトさんに相互リンクを申し込んだし、また申し込まれたりもしました。おかげで、検索エンジン上位表示にも役に立っているし、何よりいろいろなサイトさんと交流できたことは嬉しい限りです。でも、相互リンクにも最低限のマナーがあると思うのです。

 まず、サイトはある程度出来上がってから、相互リンクを申し込んでください。ときおり見受けられますが、まだメニューしかできていない状態で「相互リンクしてください」といわれても、判断に困ります。焦る気持ちはわかります。管理人だって経験してきたことですから。でも、内容のわからないサイトさんでは、なかなか相互リンクを引き受けてもらえませんよ。まず、やるべきことをやってからにしましょうね。

 それから、相互リンク依頼で挨拶の言葉もなしにいきなり「相互リンク希望。こちらは相互リンク済み。」なんて用件だけ書くのもどうかと思いますよ。初対面の人に「こちらで宣伝してあげたから、そちらも宣伝しろ」といっているのと同じです。もっとひどいのになると、「相互リンクできないなら理由を連絡しろ」なんてものまであります。相互リンクはあくまで善意のつながりです。気遣いも大切だと思います。

 そして、相互リンクを申し込んでおきながら、ある日突然一方的に相互リンクを削除しているサイトさんがあります。こちらが更新を怠っていたり、内容に不備があったのならまだしも、何の連絡もなくTOP相互リンクのサイト全てを削除するのはあまりにもひどいやり方です。そんなサイトは信用をなくしますよ。そんなサイトを見つけたら、こちらも即刻削除です。

 また、相互リンクの基本的な考え方は、同じジャンルのサイトがお互い助け合って成り立つものだと考えます。全く異なるジャンルから、突然相互リンク依頼を受けても困惑します。まして、サイトの内容にアダルト的な要素が含まれているようなところとはサイトの性質が違うのです。注意書きを書かない管理人も悪いですが、相手サイトの性質をよく考えた上で、相互リンクを申し込んでください。

 こんなことを書くと、口うるさい管理人だと敬遠されるかもしれません。しかし、間違ったことを言っているつもりはありません。これで相互リンク依頼が来なくなったとしても、それは仕方のないことだと思います。管理人は管理人の信念のもと、相互リンクを受けるかどうか判断しているのですから。結局は相互リンクも人間どうしの付き合いですから、最低限のルールはあってしかるべきです。

 管理人は人付き合いが下手ですから、相互リンク先の掲示板に書き込んだりはなかなかできませんが、サイトを作成する上での参考のためにお忍びで見学させてもらっています。相互リンクとは、アクセスアップの目的だけでなく、お互いのサイトの交流によってサイトの内容を高めあう、そんな関係でありたいですね。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アクセスアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。