2005年09月12日

掲示板に見る人間関係

 最近、管理人のサイトに設置した掲示板がさらに大賑わいです。といっても、管理人への連絡ではなく、掲示板書き込み者どうしのやり取りです。始めのうちは決まったメンバー2〜3人だけの書き込みでしたが、今では10人近いメンバーが会話を楽しんでいるようです。しかも、会話の内容を見ているとほとんどが中、高生で中には小学生までいるから驚きです。

 書き込みの内容自体は、学校の話や趣味の話などたわいもないものです。掲示板の経過を見ていると、新しい書き込み者が入ってきても、すぐに打ち解けて会話が続くのがすごいですね。年齢、性別関係なく、誰とでも仲良くなれるなんて、若いっていいですね。管理人ぐらいの年になってくると、堅苦しいがちがちの文章しか書けず、親しくなるまで時間がかかるから、何だかうらやましいです。

 掲示板の書き込みには、敬語もへったくれもありゃしません。違う年齢でも、関係ないようです。内容にしても、相手に気を使っているといった様子は見受けられません。それでいて、何の問題も発生せず、ちゃんと会話が成立しているんです。おかしなものですね。長いときなどは、1つの書き込みに対して30件近いレスが続いています。しかも、夜遅くまで。

 書き込みそのものも、1行や2行くらいの短い文章がほとんどです。「誰かいる?」とか「これから○○して△時に戻ってきます」など、はたから見れば無意味にしか見えませんが、本人達にとっては同じ時間を共有しているということに満足感があるようです。

 若い子にしてみれば、掲示板は地域、学校、年齢、性別を超えて楽しめる面白い場所なのでしょうね。ハンドルネームしかわからぬ見知らぬ誰かと話せるというのが、緊張感もなく、魅力的なのかもしれません。これこそインターネットの醍醐味です。大人よりよっぽど楽しみ方を知っていますね。インターネットのワクワク感を一体いくつになったら忘れてしまうのでしょう?

 ただし、少し困っていることもあります。それは、管理人宛の書き込みに対しても勝手に返事をしたりしていることです。その辺は、もう少し遠慮して欲しいところです。また、いたずらや迷惑な書き込みに対しても、レスで説教しているのを見たときには、思わず苦笑してしまいました。まだまだ、すれていない純真なんですね。

 まあ、どうせ閑古鳥の鳴いている掲示板ですから、楽しんで利用してもらえればそれでいいのですけどね。願わくば、けんかや中傷などせず、このまま仲良く会話できる場のままでいてほしいです。保護者のような心境ですね。しかし、どこからこの掲示板を見つけてくるのか不思議です。人が人を呼ぶのかな?

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。