2005年10月08日

自信溢れる記事

 たくさんあるブログには、その記事に運営者の性格が表れていて、なかなかに面白いです。やっぱり、性格の違いでそのブログの読者層も変わってくるんでしょうね。管理人でも、ブログの記事の書き方で好き嫌いがはっきり分かれています。中でも自信溢れる記事の書き方をしているブログがありますが、これには賛否両論があるでしょうね。管理人は大事なことだと思いますけど。

 自信溢れる記事は、文章があいまいな表現ではなく、全て断言という形で構成されています。管理人がよく使うような、「〜だと思います」とか「〜かもしれません」なんて気弱な発言は皆無です。そこまではっきり言い切られるとすがすがしいですし、全て正しいような気さえしてきます。少なくともブログ運営者の意思は明確に伝わってきます。

 自信溢れる記事を書くからには、何かしら自信の根拠や自らの実績がないとできません。ブログ運営者の成功した経験が自信となって記事に表れるのです。それは、とても参考になる記事であるし、重みのある意見です。今の管理人にはとても真似できない記事です。中には、はったりだけの中身のないブログもありますけどね。

 ただし、自信溢れる記事も自信過剰になるといただけません。自己主張が強すぎてためになるはずの記事も押しつけがましい記事になり、自慢話や誇大な内容に読む気も失せます。そのくせ、肝心な部分は公表せず、結局何の役にも立たない記事に仕上がっています。読者に読んでもらうではなく自分の考えを聞かせてやるといった傲慢な態度です。

 ブログというのは、誰でもが見ることができる情報発信源です。まず、読者ありきであり、読者に読んでもらうことを意識して書かなくてはいけないのではないでしょうか。自信過剰な読者を無視した独りよがりの記事では、読むほうも不愉快です。いくら自分には当たり前のことでも、他人も同じだと考えるのは浅はかです。

 自信溢れる記事と自信過剰な記事は全く違うのです。自信溢れる記事は多いに結構、しかし限度を越えてはマイナスです。紙一重ですけどね。自分の知識を自慢するのではなく、他の人にも教えてあげようという謙虚な気持ちが大切だと思います。そうすることが人気にもつながるはずです。

 管理人も、このブログを書くにあたって、今一度見直してみたいと思います。自信過剰にはなっていないと思いますが、自信が足りなさ過ぎるのも問題です。自分の意見をはっきり示す、管理人の課題はそこのところのようです。まあ何にせよ、ブログを書くからには、訪問者に気持ちよく読んでもらえる記事にしたいものですね。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。