2005年10月23日

お小遣いサイトと呼ばないで

 管理人のサイトは、分類からいけばお小遣いサイトということになります。管理人自身もそう呼んできました。しかし、最近思うのです。お小遣いサイトっていうと、いかにも暇な時間を利用したあったらいいなくらいのお金儲けという印象が強いのです。例えるなら、パチンコや宝くじで偶然当たったみたいな臨時収入のようなものです。

 でも、管理人にとってのこのサイトは、決してお小遣い稼ぎではありません。本気で稼ぐつもりです。このサイトだけでは無理かもしれませんが、他のサイトも運営してアフィリエイトで生活するのが目標です。いわば、本気で稼ぐためのワンステップがこのサイトの運営です。遊びでやっているわけではありません。

 細かいことをいえば、副収入でもないのです。副収入は、他の仕事で得る給料が本収入であり、余暇でアフィリエイトをやっている人のための言葉です。しかし、管理人の場合は違います。アフィリエイトが本収入なのであって、副収入などではありえないわけです。今はまだ、生活できるほどの収入を得られていませんが、いつかきっとアフィリエイトを本収入にしてみせます。

 アフィリエイトは誰にでもできる、リスクの少ないお金儲けです。これは、間違っていません。確かにその通りです。でも、人によってスタンスが違うのです。お小遣い稼ぎ程度でいいという人もいれば、第二の収入源として副収入であるという人もいれば、アフィリエイトだけで自立するための本収入であるという人もいるのです。必ずしも、アフィリエイト=お小遣い稼ぎではありません。

 だから、本気でアフィリエイトをしている人にとっては、お小遣いサイトと呼ばないで欲しいのです。カテゴリがお小遣い稼ぎとして定着してしまっているから仕方なく使っていますが、本心では「わたしのはお小遣い稼ぎじゃないんだ!」と叫んでいるのです。一生をかけた仕事なのです。

 では、なんと呼べばいいでしょう?本業アフィリエイトサイトとでも言いましょうか。何かしっくりきませんけど、決意の程はわかってもらえそうです。実力も備わっていないと、堂々と名乗れませんね。管理人の場合、(仮)本業アフィリエイトサイトとでもしておきましょうか。何だか怪しいサイトみたいですけどね。

 Yahoo!JAPANのカテゴリでも、アフィリエイトサイトは「副収入」から「アフィリエイター」に変更になりました。アフィリエイトを職業とする人が増えてきて、その存在を認められたからだと思います。だから、本気のアフィリエイターのためには、「お小遣いサイト」と呼ばないで。お願いします。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。