2005年11月22日

トラックバックは宣伝の場ではない!はず

 ブログを運営していると、時々トラックバックが入っていきます。管理人は、トラックバック、コメントが入るとメールが届くように設定しているのですぐにわかります。せっかく書き込みしてくれた人に少しでも早く返事をするため、作業の途中でもブログを開いて見るようにしています。ところが、トラックバックは宣伝ばっかり、もううんざりです。

 トラックバックが入ったと思えば、自分のサイトの宣伝ばかりで、管理人の記事などちっとも参照していません。しかも管理人の日記のテーマに関係ない内容がほとんどです。もっとひどいのになると、商品を売りつけようとするものまであります。さらに同じ内容のトラックバックを10件以上書き込む悪質なものも多いです。

 こういった宣伝はきっと無作為に数多く書き込んでいるのでしょう。管理人のブログで宣伝したって読者数はたかがしれているのにね。何でそんなことに時間をとれるなら、もっと正当な手段でアクセスアップを図ろうとしないんでしょうかね。理解に苦しみます。全くもって困ったものです。

 さすがに商品を売りつけようとするトラックバックは削除しますが、他のものはもしかしたら訪問者に有益な情報になるかも知れないので削除せずに残してあるものもあります(同じ内容でたくさんのトラックバックの場合は1つだけ残してます)。甘すぎるかな?しかし、むなしい話です。

 トラックバックとは、本来、管理人が書いた記事に対してどう思うか意見を交換する場であると思っています。人の意見を聞き、それを参考に記事を書き、意見を発展させて盛り上がるそんな場であるはずです。決して一方的な宣伝の場ではないと考えます。管理人の考え方が間違っているのでしょうか?

 もし、自分のブログのトラックバックに全く関係のない宣伝だけの記事が書き込まれたらどう思いますか?決していい気持ちはしないはずです。トラックバックだから、書き込んだ人のブログはわかっています。宣伝のトラックバックを書き込まれた仕返しに、逆にこちらから宣伝のトラックバックを書き込むことだってできるんですよ。そんな馬鹿な真似はしませんけどね。

 まあ、確かに管理人のブログの記事の内容がトラックバックしたくなるようなものでないのも責任があるのかもしれませんけどね。だからといって、宣伝に利用される理由にはなりません。せっかくの便利なトラックバックの機能なんですから、もっと有効に利用しましょうよ。無意味な宣伝の書き込みはやめて下さい。お願いします。

応援よろしくお願いします。→人気blogランキング


posted by kenji at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。